中性脂肪と高血圧に効果的な運動と注意点

皆様こんにちは。

先ほどウォーキングから帰ってまいりました。中性脂肪対のウォーキングです。近所の小さな山を越える、40分間のウォーキング。山といっても、舗装されている普通の道なので、とっても歩きやすい道。

ただ、傾斜が急で、自転車に乗る人はこの坂を“心臓破りの坂”と呼ぶそうです。歩いても少しキツイです。自転車なら、この坂を超えるのは私には無理ですね、きっと。

ん?私自転車乗れないんだった。そりゃ無理だわ(*^_^*)

その、心臓破りの坂で、息が上がる寸前のウォーキング。これは有酸素運動かな?もう無酸素運動の領域なのかな?と色々考えつつ、下りは楽々で帰宅しました。少々ひざが笑っている気がしますが、、、

お昼過ぎの段階で5000歩。後の時間で今日の目標8000歩が達成できるかな?出来なかったら、夜お買い物に出かけよう。

目標達成のタイムリミットは20:00。この段階で未だ達成していなかったら、可能な限りお買い物に出かけます。行先はの目標までに不足している歩数で決定。

一番近くのコンビニ往復で約500歩、もう1個遠くのコンビニなら約1000歩、ドラッグストアなら2000歩などなど、行先までのだいたいの歩数が頭にはいっていますので、これを基準にして行先を決めています。

買う物がない時は、ただ歩く。安全そうな道を行ったり来たり。でもこれ、完全に不審者ですのでお勧めできません。

と、そんな感じで中性脂肪との戦いの日々を送っています。

さて、ウォーキング以外に中性脂肪と高血圧に有効な運動ってあるのでしょうか?今日はそんな視点で検証してみたいと思います。

中性脂肪と高血圧って関係あるの

血液ドロドロ・・・これ、よくテレビの健康番組で聞きますよね。原因は色々ありますが、ここでは中性脂肪が原因で起こるこの血液ドロドロに関してご説明します。

血液ドロドロといっても、実際に体内にドロドロの血液が流れているわけではなく、血液の成分がドロドロになっている事を指しています。

その原因の一つが中性脂肪。体内の中性脂肪が必要以上に増える事で、血中の悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールが減少する。もうこの段階で血液ドロドロと言われる状態になっています。

ドロドロの血液の中にある悪玉コレステロールが血管内壁にへばりつき、血管内部の血流が流れにくくなります。これが高脂血症という症状です。これによって狭くなった血管内ですが、それでも血流は止まる訳にはいきませんので、無理して流れようとします。これが血圧が上がった状態です。

中性脂肪と高血圧、関係あるどころか、密接に関係していますね。これを解消するために行う生活習慣改善の中で、今日は運動についてご紹介します。

中性脂肪と高血圧に有効な運動について

血圧を下げるには有酸素運動が効果的です。中性脂肪にも効果的ですので一石二鳥を狙えるのでしょうか?高血圧の場合、特別に注意すべき点はあるのでしょうか?

有酸素運動とは

有酸素運動とは、運動による体への負荷が少ない事が最大の特徴。負荷が少ないため、息が上がったりせず、酸素を十分に体内にとり入れることが可能な運動です。

ウォーキング・ジョギング・自転車・水泳などが代表的な有酸素運動です。ではなぜ、有酸素運動なのでしょうか?

高血圧で運動するのはリスキーではないのでしょうか?心配してしまいます。

通常、運動をしていると血圧も上がります。しかし、血圧が高い人でも、継続して有酸素運動を行う事で血圧を下げることができるといわれています。

大切なのは、どの運動を行う場合も、ゆっくりと長く行う事。息が上がる程の運動は、高血圧の人にはやはりリスキーです。

体にかかる負荷が大きい無酸素運動は、高血圧気味の人は控えましょう。あわせて、運動前にドクターに相談するのが安心ですね。

どのくらい行えばよいのか?

理想的には毎日。無理でも2日に1回もしくは1週間に3~4回は続けましょう。1回の時間は最低30分以上行えば効果が期待できます。

ただし無理は禁物。慣れるまでは10分、徐々に30分まで時間を延ばせるようにしましょう。

どれくらいで効果がでるの?

生活習慣を変えてから、効果が出始めるまでには、最低でも1か月が必要です。普段の血圧が下がってきたら効果が出てきた証拠です。

でも、そこで止めてしまってはもったいない。せっかく習慣が身に付いたのですから、続けて再び高血圧にならないようにしましょう。

まとめ

中性脂肪も高血圧も、生活習慣を見直すといった点では共通しています。ただし、高血圧の人が運動する場合、その種類を間違えると命に係わる場合がありますので、慎重に行いましょう。

食事の改善は、難しく考えすぎたり、あまりストイックに取り組んだ場合、諦めてしまいがちです。

大切なのは始める事と、始めた事を継続する事。無理しすぎず、できる事から始めてみましょう。やってみると案外続くものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です