原因は中性脂肪!?高血圧の具体的な対策方法は?

皆様こんにちは。

最近私、ちょっとだけ血圧に変化が、、、(~_~;)元々低血圧だった私が、基準値はぎりぎりセーフな状態。

なんでかしら。と不思議に思っていると、中性脂肪が影響しているんだよ!とドクターの指摘を受けました。

そなの。中性脂肪って、そんな事までするの、知らなかったワ、私。本気で対策しなきゃマズイ。先ずは食生活から。という事で調査開始です。

中性脂肪と高血圧は関係あるの?

高血圧といえば、私の場合は塩分を思い浮かべます。なので、一見して関係ないように感じるのですが、実はここは密接に関係しているのです。

勿論、高血圧の原因は他にもありますが、ここでは中性脂肪が原因で起きる高血圧に絞ってご紹介します。

このメカニズムはこれ↓↓↓

中性脂肪が増加する→→→善玉コレステロールが減少する→→→血液中の悪玉コレステロールが増加する→→→悪玉コレステロールが血管内の膜に入り込む→→→血管の膜が厚くなる→→→動脈硬化へと進む→→→血液が流れにくくなる→→→血液が押し出される圧力がつよくなる。すなわち、これが中性脂肪が原因の高血圧です。

怖いけれど、納得せざるを得ません。では、どう改善すればいいのか?

高血圧の改善に効果的な食事について調べてみました。

高血圧を予防・改善する食事について

では、中性脂肪対策・高血圧対策の両方に注目した食事をご紹介します。

《中性脂肪対策の食事/控えた方が良い物》

(ショ糖を多く含む食品)

ショ糖は体にとってはエネルギー源ですので、必要不可欠ですが、過剰摂取すると、中性脂肪に変わります。

ケーキ・お菓子・アイス・ジュース・果物など、一般的に甘いとされる食品の摂取量に注意しましょう。

(脂質を多く含む食品)

お肉のあぶら身部分・揚げ物・アイス・バターなど、動物性脂肪を多く含む食品もショ糖同様に摂取量に注意が必要な食品です。

(アルコール)

アルコール類は体内で中性脂肪として蓄積されます。それ自体は人間本来の機能ですので問題ないのですが、過度摂取は別。脂肪肝となってしまいます。飲酒は適度な量におさえましょう。

(炭水化物)

炭水化物は、分解される際に糖質に変わります。なので炭水化物の過剰摂取も控えましょう。

《高血圧対策の食事/控えた方が良い物》

(塩分)

やはりこれですよね。梅干し・漬物・味噌汁・お醤油、、、日本の食卓には、必ずと言ってよい程並んでいる食品です。これらは塩分を多く含んでいます。

これに代表するように、日本人は元来濃い味付けが好みだともいわれています。塩分を摂りすぎると、血圧が上がる原因となりますので、減塩を意識した食事に努めましょう。

ただし、食事を薄味にしすぎてストレスになったら本末転倒にもなりかねません。

出汁を多めに使う・減塩の食品に変えるか、食べる量をいつもの半分に減らすなど工夫しましょう。

(摂取カロリー)

カロリーの過剰摂取は体重増加につながり、肥満へと発展してしまいます。これは塩分の過剰摂取に匹敵するほど、高血圧の原因になります。適切なカロリー摂取を心がけましょう。

(脂肪)

中性脂肪対策の食事対策同様、動物性脂肪を多く含む食品は控えましょう。

(アルコール)

アルコールは、適量を楽しむ程度であれば問題ありません。しかし、飲み過ぎは禁物です。

今現在高血圧の方は、ドクターに相談した上で摂取量をきめましょう。

《高血圧対策の食事/積極的に摂るべき食べ物》

これからご紹介する食品は、高血圧の予防や改善につながるとされています。毎日の食卓に積極的にとり入れてみましょう。

(ポリフェノールを含む食べ物)

ブルーベリー、トマト、にんじん、なすび等、ポリフェノールを多く含む食品。ポリフェノールは、細胞老化を抑制する効果が期待できます。

(タンパク質を多く含む食べ物)

卵・納豆や豆腐などの大豆製品・牛乳・魚など。

特に効果的なのがDHAやEPAをバランスよく含む魚。これらは中性脂肪対策に有効な食品ですので、血管内に起きている問題の改善が期待できます。

納豆は血栓を溶かし、血液をサラサラにする効果がありますので、高血圧の予防と改善に効果的な食品です。

(カリウムを含む食べ物)

アボカド・パセリ・ほうれん草・りんご・バナナなど、カリウムを多く含む食材。

カリウムがむくみに効果的なのは有名な話ですが、これは、体内の過剰な塩分・水分を排出するのに効果的な食べ物だからです。この過剰な塩分を排出してくれる点が、高血圧に効果的だとされています

《減塩調理の方法》

せっかく効果的な食材を摂取しても、それ以上に塩分を摂ってしまってはもったいない。お醤油をポン酢に変えてみる・お酢を上手に活用する・濃いめの出汁を使う・柑橘類の果汁を料理に取り入れる・スパイスで味に工夫をするなどで減塩に心がけましょう

また、加工食品の多くが塩分を多く含んでいます。はなるべく控えましょう。

まとめ

中性脂肪も、高血圧対策も、規則正しい食生活が基本です。一日三食を、決まった時間に食べ、満腹になる程食べるのではなく、腹八分目までに抑える。普段の食生活の習慣をほんの少し変えるだけで、改善が望めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です